田舎のお墓の改葬手続きを教えて下さい。
田舎にあるお墓の改葬は、先ず、新しい霊園(移転先の墓地)の管理者から「受入証明書」を発行して貰い、田舎に持参します。
次に、田舎の墓地(旧墓地)を所管する市町村役場で「改葬許可申請書」を貰い、田舎のお寺なり、共同墓地管理者に埋葬を証明する印を貰います。
もう一度、市町村役場に「受入証明書」と「改葬許可申請書」を持参して、「改葬 許可証」を発行して貰います。
その「改葬許可証」を墓地管理者に提示してご遺骨(ご遺骨が土に還っている場合は一握りの土でよい)を引き取りますが、その前にお坊さんに読経をお願いして魂の 安寧を祈ります。尚、旧墓石が不要の時は、魂抜きの読経もお願いし、業者に頼んで廃棄します。
田舎から持ち帰ったご遺骨は、ご自宅の仏壇の前等に安置したり、新墓地の管理者に預け、ご家族お揃いの日に新しい墓地の管理者に「墓地使用許可書」と「改葬許可証」を提示して、ご自分のお墓に納骨することとなります。
納骨する時、納骨法要(新しい墓石の場合、開眼法要が済んでいなければ開眼法要も合わせ行う)を行います。前もって(2週間以上の余裕を持ってください)管理事務所に頼んでお坊さんの手配をして貰います。