お墓の文字が赤く塗られているを見かけますが、どうしてですか?
生前に戒名をもらう事を受戒といいますが、お墓を建てた場合、墓石や墓誌に戒名を彫刻し、一部(戒名)の文字を朱色に塗り、生前に受戒している印(しるし)とします。時々建立者名に朱色を入れているのを見かけますが、生きている人が建立するのが当り前(死人は建立者になれません)ですので、仏教の教えに基づき生前にもらわれた戒名には入れますが、建立者名には朱を入れないのが原則です。