永代使用料が高いと思うのですが...。
霊園を造るには土地代、測量設計費、隣接及び近隣住民の同意取得の為の運動費、行政との折衝費、許可取得までに長い期間を要することによる金利や人件費、土木工事費、建築費等が掛かります。
更に付帯施設としての土地(緑地、管理棟、駐車場、園路、通路、水汲み場など)のスペースを確保せねばならず、規模によっては販売できる墓地面積は全体の30%ほどにしかなりません。従って、販売できる墓地の単価は土地代の3倍以上になり、更に前述の開発費用を加算しますと、周辺の宅地価格の3倍以上の価額で販売されても決して高いとはいえません。