寺墓地と公園墓地の違いは?
(1)(寺墓地)お寺の境内やお寺の近くにある、主として檀家用の墓地を寺墓地といいます 。従って、新しく墓地を求めた場合、寺墓地は檀家になるのが条件になっています。
(2)(公園墓地)公営と民営(民間)に分かれます。
公営墓地は地方公共団体(都道府県、市町村や第3セクター等)が運営管理します。ご遺骨があることが条件になっている場合が殆どです。それでも申込が多く、何十倍という競争ですので、利用できない住民の方が圧倒的に多い訳です。公営墓地は利用者負担の原則からすると、不公平感は否めず問題とされています。
民営霊園は、宗旨宗派に関係なく誰でも、ご遺骨が無くても利用出来るのが一般的です。経営主体は宗教法人や財団法人で、企業(古い霊園の場合です)や組合も一部あります。ただし民営霊園には自由に祭祀を行える霊園と、霊園での祭祀だけはその霊園を経営する宗教法人の宗旨で行わなければならない等の、民営ならではの制約がある霊園もありますが、当霊園は全く制約がありません。